当サイトのクッキーに同意します。

当サイトでは、お客様により便利にご利用いただくために、cookie(クッキー)を使用しています。使用されているcookie(クッキー)の詳細については、 cookie(クッキー)ポリシーをお読みください。. cookie(クッキー)の設定を変更せずに利用を続ける場合、当サイトにおけるcookie(クッキー)の使用に同意していただいたことになります。設定を変更してクッキーを削除したい場合は、cookie(クッキー)ポリシーに削除の方法が記されています。

ラグビーにおける救急処置

ワールドラグビーの学習リソース

人気の高いエリートレベルのスポーツ競技では、医師や救急救命士などの複数の医療スタッフが救急処置に備えて待機しています。これとは対照的に、エリートレベルではないスポーツの現場では、競技者に救急処置を施すための訓練経験や器具を十分に備えた医療スタッフの数に限りがあります。特に遠隔地やアクセスが困難な場所では、生命を脅かすけがや病気が発生した際、救急隊の到着に時間がかかってしまう場合があります。

医師、理学療法士、その他の医療専門家には、競技者やチームに対して、ピッチサイド、レーストラック、プールサイドなど、競技の現場で救急処置ができるような個々の技術と器具を身に付けていることが求められています。これらの医療専門家は、試合やイベント当日だけでなく、練習施設やグラウンドなど、けがや病気が多く発生する場所でもスタンバイしておく必要があります。

ラグビーにおける救急処置

インタラクティブ学習モジュール